ブライダルアテンダントでお祝いを!

横浜の美しい夜景とオーシャンビュー、心を尽くしたおもてなしでお客さまをお迎えする「横浜ベイホテル東急」は、結婚式のブライダルアテンダント体験を開催しました。子どもたちは、新郎新婦お二人の大切な一日のお手伝いが上手にできたでしょうか。

黒の上下と蝶ネクタイ。ブライダルアテンダントに挑戦しよう

黒のフォーマルウェアに身を包んだ子どもたち。今日は“本物”の結婚式が行われるホテルで、ブライダルアテンダントの仕事を体験します。
最初にホテルのスタッフから、基本となる立ち方や姿勢、スタッフ同士の連絡に使うインカムの使い方などを教えてもらいました。今日一日は、お客さまにお会いするたびに足を止めて、「いらっしゃいませ」「おめでとうございます」と心を込めてごあいさつをします。また、結婚式の進行順序が記された式次第をお渡しするのも大切な役割のひとつです。子どもたちは、ちょっと言い慣れない「式次第」という言葉を何度も口に出して練習していました。

結婚式の式次第とフラワーシャワーの花びらをお渡し

いよいよ結婚式が始まります。「こちらは式次第でございます」。はじめは緊張気味だった子どもたちも、練習のかいあって、ご列席のお客さま一人ひとりに丁寧に式次第をお渡しすることができました。お客さまは小さなブライダルアテンダントの姿に驚きつつも、「あら、かわいいね」とニッコリ。
新郎新婦をお祝いするフラワーシャワーの花びらを配るのも子どもたちの仕事です。たくさんの列席者に祝福され、幸せそうな新郎新婦の姿を見て、子どもたちもとてもうれしそうでした。

披露宴がスタート。会場のドアオープンをお手伝い

お料理をつくる厨房や、披露宴が行われる会場も見せてもらいました。普段は入ることのできない広い厨房、華やかな披露宴会場に興味津々の様子です。用意された大きなウエディングケーキの前では、「お互いにケーキを食べさせるんだよね」と、物知りな子どもたちにスタッフもびっくり。
新郎新婦を写真室へとご案内したり、披露宴開始時には会場のドアを開けてお客さまをお出迎えしたりと大活躍。新郎新婦の入場を見届けたところで今日の体験は終了です。
最後に、「未来のブライダルアテンダント」認定証と自分の名前が入った特製の名刺をもらった子どもたちは、充実感たっぷりの笑顔を見せてくれました。

参加してくれた子どもたちの声


体験した全てが楽しく、プレゼントももらえて、うれしかったです。(小学3年生 男の子)

最高のお仕事!キッチンも見せてもらえて、花嫁さんにも会えてうれしかった。(小学1年生 女の子)

参加してくれたご家族の声

楽しくもきちんといろいろ教えていただけて、本人の顔つきが変わっていく様子も見ることができ、大満足でした。

最初は緊張していましたが、皆さまに声をかけていただき、楽しむことができ、とても良かったです。ありがとうございました。

3回目の開催となりました。これまでの最年少である小学1年生の女の子が参加されていたので、体力的に心配なところもありましたが、ふたりとも集中力を切らさず、元気いっぱいお仕事をしてくださいました。新郎新婦にとってとても大切な結婚式の日の喜びや臨場感を感じていただける機会はなかなかないので、楽しんでもらえていたらうれしいです。このプログラムは、私たちスタッフ自身もとても楽しく、大変励みになっています。これからも工夫を凝らし、楽しめるイベントづくりのお手伝いができたら幸いです。
(横浜ベイホテル東急 宴会サービス アシスタントマネジャー 横山)

楽しく学べる29コース

前ページに戻る

ページのトップへ戻る