でっかいバスの運転士になろう!

東急バス」は、一般の路線バスのほかにも、空港や東京ディズニーリゾート(R)への直行バス、深夜急行バス、通勤高速バス、観光バスなど、お客さまのさまざまな生活シーンでご利用いただけるサービスを展開しています。その東急バス高津営業所でバス運転士の仕事や交通安全について学びました。本物のバスを使った訓練や説明に、子どもたちはワクワクしどおしでした。

バス営業所の仕事や安全運転について学ぼう

二子玉川駅に集合した参加者たちは、送迎バスに乗って東急トランセ高津営業所へ。移動中のバスの中では、車体の長さや、車内外の安全を確認するためのミラーの位置など、バス車両についてスタッフが説明してくれました。
ほどなくバスは営業所に到着。最初にひとりずつ運転士の制帽をかぶせてもらった子どもたち。少し照れながらもみんな誇らしげな表情に。続いて営業所のマネージャーと教育センター長に、バス営業所は何をする場所なのか、教育センターでは運転士にどんな教育をしているのかを教えてもらいました。お客さまに安全で快適にバスを利用していただくため、運転士の心構えを学んだら、次は営業所内の見学です。

乗務前の点呼で敬礼! 訓練車や整備工場を見学

子どもたちは、運転士が毎日行っている点呼やアルコールチェックを体験しました。健康状態や運行計画を確認して、「無事故で行ってきます」と大きな声で宣言。緊張しながらも、しっかり敬礼をして運行表を受け取ることができました。
その後、運転士の実車研修のため、さまざまな機能を備えた「安全運転訓練車」に乗って所内を移動。訓練車は参加者たちを乗せたまま洗車機の中へ。大きなブラシが車体を洗う様子に子どもたちは大喜びです。整備工場では、普段は見られない車体の下側を見学。「燃料はどこから入れるの?」といった質問に、整備士が答える場面もありました。

あこがれの運転席に座って、本物のバスを操作!

いよいよ、お待ちかねの“運転士体験”です。ひとりに1台ずつ用意されたバスに乗り込み、ワクワクしながら運転席へ。子どもたちは、大きなハンドルを回したり、スイッチを操作してドアを開閉したり。マイクを使った車内アナウンスにも挑戦しました。運転席に慣れてきたのか、ワイパーを動かす子や、ヘッドライトを点灯させる子も。クラクションの大きな音が響くと、ちょっとびっくり。本物のバスの運転席に座った子どもたちはとってもうれしそうです。
最後に「修了証」を受け取り、本日の運転士体験は終了です。あこがれの運転士の仕事にふれて、バスのことがもっと好きになったようです。

参加してくれた子どもたちの声


いっぱいバスのことがわかって、とても楽しかったです。(小学2年生 男の子)

いろいろなものにさわれたり、みんなが運転士をすることができて、楽しかったです。(小学1年生 女の子)

参加してくれたご家族の声

実際にバスに乗って、いろいろな操作をさせていただき、楽しく過ごせました。

非常に親切に対応していただき、感謝しています。日頃知らないことを質問し、知る機会になりました。

普段利用しているバスは、運転士のほかにも多くの人が関わって動いている、ということを感じていただけたのではないでしょうか。安全への取り組みを直接見てもらえたこともよかったです。私自身、運転士にあこがれてこの仕事に就いたこともあり、今日は笑顔でバスの運転席に座るお子さまの様子が、とても印象に残りました。これからもぜひ、気軽にバスを利用していただければうれしいです。
(東急トランセ 高津営業所 サービス・マネージャー 草間)

楽しく学べる28コース

前ページに戻る

ページのトップへ戻る