前へ

次へ

〈東急リゾートサービス〉

森とともに暮らす。地域循環型の
環境づくりを目指して。

森林は、生き物の多様性を保ち、豊かな水資源を蓄えるなど、
環境保全と暮らしにとって大切な役割を果たしています。
豊かな森林を敷地内に有する東急リゾートタウン蓼科は、
間伐によって森を健全化させるとともに、得られた間伐材を
化石燃料に代わるバイオマスエネルギーとして施設内で利用。
さらに、森林再生のための植樹などを目指す
「持続可能な地域循環型の環境づくり」を、
もりぐらしプロジェクトの一環として進めています。
森をまもり、ともに過ごす地産地消エネルギーのエコタウン。
今後は、この取り組みを他のリゾート地にも応用していきます。

Comment

長野県茅野市信州八ヶ岳山麓にある東急リゾートタウン蓼科は、660haに及ぶ広大な敷地を有する高原リゾート地。その大半がカラマツをはじめとする森林によって占められ、豊かな自然環境も大きな特長の一つです。

森林は私たち人間に計り知れない恩恵を与えるだけでなく、生き物の多様性を保ち、豊かな水資源を蓄えるなど、環境と生き物の暮らしを守っていく上で大切な役割を担っています。しかし、戦後植樹されたカラマツ林は資源供給元としての役目を終え、間伐などの手入れもないまま密集しており、森林の持つ様々な機能が低下。森林健全化の対策が迫られていました。一方で、エリア内のリゾート施設などにはボイラーやストーブがありますが、多くの化石燃料に依存しています。私たち東急リゾートタウンは、この二つの課題を、「もりぐらし=森を守り、森とともに成長する」をコンセプトのもと関連付け、間伐により森を健全化させると同時に、得られた間伐材は、薪ストーブはもちろん、チップ化し木質バイオマスエネルギーとして利用するなど、様々な施策を考案、取り組みを進めています。

樹木の健全な発育を助けるために、“間伐”で森を守り、間伐材という資源を創出し、暮らしを豊かにする。そしてその先には適切な植樹と生育を施し、天然林への自然更新を促すことを目指す。森林環境を守るために、この地域循環型のサイクルを回し、豊かな未来につなげていくことは、リゾート開発を担う私たちの使命です。今後は、この取り組みを他別荘地・地域でも応用を進めもっと広げていきたいと考えています。



東急リゾートタウン蓼科にある宿泊施設


森林保全サイクルのイメージ図


これから間伐を行う林


間伐材を利用した外壁材

トップライト
間伐材から採取した芳香蒸留水を利用したアロマ製品

新たなリゾートスタイルの提供を目指すエリアコンセプト「もりぐらし」
もりぐらし公式HP:https://www.morigurashi.com/

前ページに戻る

ページのトップへ戻る