前へ

次へ

〈自然環境への配慮〉
雨水を蓄えて路面温度の上昇を抑える、舗装技術を展開(世紀東急工業)

自然の力でゆっくりと、
足下から都市を冷ます工夫です。

ヒートアイランド現象の一因とされる路面温度の上昇を防ぐため、
私たちはさまざまな道路舗装工法を開発しています。
その一つが保水性ブロック舗装。
鉄を造る際に出る不要物を再利用したこのブロックは、内部にすき間が多いのが特徴。
雨天時に雨水を蓄え、時間をかけて蒸発させることで、
打ち水をした後のような涼しさを長時間保ちます。
おもに歩道や公園をはじめ、庭先など家の周りから。
自然の力でゆっくりと熱を冷ます、都市の温暖化対策です。

前ページに戻る

ページのトップへ戻る