次へ

前へ

とうきゅう環境財団

多摩川に、アユ、カムバック。

1974年、多摩川とその流域の環境改善を図ることを目的に
「とうきゅう環境財団」は生まれました。
以来、研究助成・調査研究・啓発普及・環境回復援助という事業を基本に、
美化運動など地道な取り組みも含め、美しい多摩川を取り戻すための活動を続けています。
かつてアユの川と呼ばれた多摩川。その後の環境汚染で姿を消したものの、
その数は139万匹※を超えるまでになったことが確認されています。
(※平成20年推計)

前ページに戻る

ページのトップへ戻る