次へ

前へ

東急コミュニティ 認知症サポーター

管理人さんは、
家族の次に身近な存在。

居住者の高齢化とともに
マンションの管理も、建物中心の考えから
変わっていく必要があるはずです。
東急コミュニティーではいま、
全国のマンション管理員4000人を対象に
「認知症サポーター」の育成活動をすすめています。
講習会を開催して認知症への理解を深め、
正しい知識を得ることで、
適切なコミュニケーションづくりに役立てます。
暮らしの中で、人が輝いていくように。
そのサポートをしていくことも、
東急グループの社会貢献活動のひとつです。

前ページに戻る

ページのトップへ戻る