オーケストラと「第九」を歌おう!

子どもたちの夢がふくらむイベントが、渋谷・Bunkamuraオーチャードホールで開催されました。普段は見ることのできないリハーサルの見学や、ステージ上でフルオーケストラ・合唱団と一緒に歌う合唱体験をしました。本物のオーケストラを前に子どもたちの目が輝いていました。

プロ歌手による合唱指導。ベートーヴェン「第九」を歌おう

今日参加した子どもたちは、プロのオーケストラ・合唱団と一緒にベートーヴェン「第九」を歌います。まずは会場となるオーチャードホールを2階席から見学しました。本格的な音楽ホールのスケールの大きさを実感したら練習会場へ移動。合唱練習のスタートです。指導してくれるのはプロのバリトン歌手・浅井隆仁さん。最初に「交響曲第九番」のドイツ語の譜面にふられた読み仮名を見ながら歌詞を声に出して読みました。舌を巻いたり、単語の語尾に「ツ」の音を付けたりなど、日本語にはないドイツ語独特の発音の仕方を教わったら、次は実際に歌ってみます。前を向いて、広いホールの端まで声を届かせるようなイメージで歌うと大きな声が出ると教えてもらった子どもたち。何度も練習するうちに練習会場全体に声が響くようになりました。

Bunkamuraオーチャードホールでオーケストラのリハーサルを見学

練習を終えたら、オーチャードホールで東京フィルハーモニー交響楽団のリハーサルを見学しました。目の前で繰り広げられる本物のオーケストラの緊張感あふれるリハーサル風景に圧倒された様子の子どもたち。プロの演奏家たちの真剣なやりとりにじっと聴き入っています。
しばらくすると自分たちが歌う合唱の部分が近づいてきました。子どもたちはリハーサルを聴きながら、先ほど練習した「第九」の楽譜を見直したり、口を動かしてドイツ語の発音をおさらいしたり。まもなくやってくる自分たちの出番に向けて気持ちが盛り上がってきました。

ステージに上がって、プロの演奏家と一緒に合唱しよう!

指揮のアヌ・タリさんから声がかかり、みんな揃ってステージの上へ。さあ“本番”のスタートです! プロと一緒に歌う子どもたち。ところが、なかなか大きな声が出せません。「楽しい気持ちで歌うこと。そして、客席のお父さんやお母さんに歌声を届けるように声を出すといいよ」と指揮者にアドバイスをもらうと、驚くほど大きな声が出るようになりました。
「緊張した。でも楽しかった!」。歌い終えた子どもたちは晴れやかな表情です。客席で聴いていた浅井先生からも「はじめは緊張していたみたいだけど、最後はすごくよく声が出ていたよ」とほめていただきました。プロと同じステージに立っての合唱体験。子どもたちにとって忘れられない一日となりました。

参加してくれた子どもたちの声


上手な人と一緒に歌えたので、楽しかったです。(小学4年生 女の子)

すばらしい音楽で、すごい迫力でした。とても楽しかったです。(小学4年生 男の子)

参加してくれたご家族の声

プロの方と舞台で一緒に歌えるなんて、本当に貴重な体験でした。

子どもに本物を体験させて、視野を広げる良い機会になりました。大変ありがとうございました。

本物の音楽を聴くことは、大人になっていく中で、すごく大きな経験になると思います。またお子さまが文化芸術に興味を持つきっかけになればと考え開催しています。最初はみなさん緊張していましたが、先生の指導を受けるうちにどんどん姿勢がよくなり、ステージに上がってからも指揮者のアドバイスを受けたとたんに大きな声が出るようになるなど、子どもたちの吸収の速さに驚かされました。今後も機会があればぜひ開催したいです。
(Bunkamura マーケティング部 広報室 担当マネージャー 内藤)

楽しく学べる27コース

前ページに戻る

ページのトップへ戻る