• WHAT'S NEW
  • SYMPOSIUM
  • THE HISTORY

洗足・大岡山・田園調布まちづくり100年洗足・大岡山・田園調布まちづくり100年

東急グループのまちづくりの原点である、洗足・大岡山・田園調布の開発から100年東急グループのまちづくりの原点である、洗足・大岡山・田園調布の開発から100年

ここが、出発点。

今からちょうど100年前の1918年、田園都市のまちづくりははじまりました。
澁澤栄一によって設立された田園都市株式会社が目指したのは、
自然と都市の長所をあわせ持つ理想の街「田園都市」をつくること。
洗足、大岡山、田園調布エリアの宅地開発を皮切りに、
その理想を追い求めました。
このまちづくりのDNAは、その後東急グループとなる目黒蒲田電鉄に引き継がれ、
今日では鉄道や小売り・サービス事業など多様なグループの力をあわせ、
ひとりでも多くの人が、その人らしく、
美しく生きることができる生活環境の創造に挑戦しています。
変化する暮らしに寄り添う街であるために。

WHAT'S NEW

SYMPOSIUM

洗足・大岡山・田園調布まちづくり100年シンポジウム洗足・大岡山・田園調布まちづくり100年シンポジウム

澁澤栄一の描いた理想の街
洗足・大岡山・田園調布から多摩田園都市の成り立ちを振り返り、
これからの変化する時代に寄り添う
未来に向けた新しい田園都市像を考えます。

主 催:
洗足・大岡山・田園調布まちづくり100周年シンポジウム実行委員会
共 催:
東急グループ、東京工業大学、東京都市大学
後 援:
公益財団法人渋沢栄一記念財団、公益社団法人日本都市計画学会、
認定特定非営利活動法人日本都市計画家協会、大田区、品川区、世田谷区、目黒区

洗足・大岡山・田園調布 100周年まちづくり
1部登壇者:
東京都市大学・特別教授 涌井史郎氏

日 時
2018年9月2日〈日〉 
13:30開場 14:00開会
場 所
東京都市大学・二子玉川夢キャンパス
(二子玉川ライズ・オフィス8階)
参加人数
200名 ※申込者多数の場合は先着順とさせていただきます
参加費
無料
概 要
  • 1部:

    東京都市大学・特別教授 涌井史郎氏による講演「近未来にこそ真の田園都市時代が到来する」

  • 2部:

    関係者パネルディスカッション
    「郊外住宅地の明日」

    パネリスト:

    • 小林 英嗣 氏(日本都市計画家協会会長・北海道大学名誉教授)
    • 澁澤 寿一 氏(NPO法人「共存の森ネットワーク」理事長)
    • 藤村 龍至 氏(建築家・東京藝術大学准教授・RFA主宰)
    • 真田 純子 氏(東京工業大学准教授)
    • 東浦 亮典(東京急行電鉄都市創造本部執行役員)

    コーディネーター:

    • 中井 検裕 氏(東京工業大学教授・元日本都市計画学会会長)

ご応募にあたって (必ずお読みください)

ご応募にあたって
(必ずお読みください)

  • ・ご応募はおひとりさま1回限りとさせていただきます。また1メールアドレスで複数応募はできません。
  • ・参加者には8月17日(金)から招待状の発送をいたします。
  • ・お客さまの個人情報は、本イベントに関するお客さまへの連絡、応募対象の確認および
    個人を特定しない統計資料の作成にのみ使用させていただきます。
  • ・当日、事前の告知なく報道関係の取材・写真撮影が入ることがあります。
  • ・当日、主催者・共催者による写真撮影が入ることがあります。撮影した写真等は、主催者・共催者の広報活動に使用いたします。

【応募期間】
2018年7月5日〈木〉から
8月10日〈金〉まで(先着順)

THE HISTORY

100年におよぶ東急グループが手掛けてきた
まちづくりの歩みを
貴重な歴史的資料とともにご紹介します

  • 1915年 荏原郡の地主と澁澤栄一が出会う

  • 1918年 田園都市株式会社設立

  • 1922年 目黒蒲田電鉄株式会社設立

ページのトップへ戻る