2020年の東急グループの動き

東急三島駅前ビル

2020年6月30日、静岡県の三島駅南口に「富士山三島東急ホテル」と商業施設「ミトワみしま」が開業します。三島が誇る豊富な湧水と富士の景観にふさわしい、水と開かれた緑の大地をテーマとする建物デザインは、三島の新たなシンボルとなります。本施設は伊豆や富士・箱根周辺エリアにおける広域観光交流拠点として地域の活性化を推進していきます。
「富士山三島東急ホテル」は、富士山の眺望を最大限に引き出すための客室、温浴施設、レストラン等を備えています。「ミトワみしま」は、地域特産品を提供する物販店や飲食店などを誘致し、地域のこだわりを感じられる場所を提供します。また、伊豆箱根鉄道三島駅直結の連絡通路も開通し、地域の利便性、賑わいの向上に寄与します。

THE ROYAL EXPRESS
~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~ 運行

東急(株)とJR 北海道は、北海道の観光振興と地域活性化のため観光列車の走行プロジェクトを両社およびJR東日本、JR貨物の4社連携で立ち上げました。東急(株)の運営する伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」を使用し、北海道内を3泊4日で周遊する「THE ROYAL EXPRESS ~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~」を2020年の8月~9月に運行いたします。

各地域それぞれ異なる魅力を存分にお楽しみいただける宿泊先をご用意、車内でご提供する昼食には、地元の料理人が北海道ならではの食材を中心に創作したメニューをご用意します。本プランでしか巡り合うことのできない、「北海道の大自然の恵み」「大地に根ざした人々とのふれあい」を通して世界に誇る北の大地で豊かな時間の過ごし方を提供し、オンリーワンの記憶に残る最高の「美しさ、煌めく 旅。」へご案内します。

東京ポートシティ竹芝 開業

東京都の「都市再生ステップアップ・プロジェクト」の一つである本計画では、オフィスタワーとレジデンスタワーから成る総延床面積約20万㎡の国際ビジネス拠点を創出します。

加えて都市再生への貢献や産業振興の加速などに向け、竹芝地区でソフトバンクと共同でまちづくりに取り組みます。

地区の発展や課題解決を実現するスマートシティのモデルケースの構築に向け、データ活用やスマートビルの構築に取り組むほか、ロボティクスやモビリティ、5G(第5世代移動通信システム)などの幅広い領域でテクノロジーの検証を行います。

2020年以降の大規模プロジェクト

  • 2022
    「新宿 TOKYU MILANO 再開発計画」 開業

    東京急行電鉄株式会社および東急レクリエーションは新宿TOKYU MILANO跡地エリアにおいて、約225mの高層複合施設の開設を計画しています。劇場、映画館、ライブホール等の複合エンターテインメント施設や宿泊施設の整備等により、新たな都市観光拠点の創出を目指します。
    また、エンターテイメント施設の企画・運営を目的とした合弁会社「TSTエンタテイメント」を設立し、歌舞伎町発の多様な大衆娯楽文化の創出を目指します。

  • 「東急新横浜線」開業

    「東急新横浜線」(新横浜駅(仮称)~日吉駅)と同時に、「相鉄新横浜線」〔羽沢横浜国大駅~新横浜駅(仮称)〕が開業し、速達性や新幹線アクセスの向上、乗換回数の減少などによる沿線地域の活性化への貢献が期待されています。

前ページに戻る

ページのトップへ戻る