TOKYU MUSIC LIVE

TOKYU MUSIC LIVEは、さまざまな音楽ジャンルの第一人者をプロデューサーに迎え、音楽の新たな楽しみ方をご提案するコンサートです。毎年2日間合計で2,000組4,000名様を無料でご招待し、渋谷・Bunkamuraオーチャードホールで開催しています。

主催・企画:東急グループ
制作・運営:東急エージェンシー

「TOKYU MUSIC LIVE 2016
財津和夫プロデュース/The Day 虹の向こうでお会いしましょう

東急グループが、皆さまに日ごろの感謝をこめてお贈りしている「TOKYU MUSIC LIVE」。
第8回目となる今回のテーマは「The Day 虹の向こうでお会いしましょう」。
プロデューサーに財津和夫、ゲストに太田裕美、KAN、沢田知可子を迎え、各アーティストのオリジナル楽曲や、なつかしい洋楽のカバーで会場を彩ります。あの日、あの時に聴いた名曲の数々に、どうぞご期待ください。

開催日時 6月7日(火)・8日(水)
開場18:00 開演19:00
会   場

Bunkamuraオーチャードホール

渋谷区道玄坂2-24-1

東急東横線・田園都市線、JR各線、
東京メトロ各線渋谷駅(3a出口)より徒歩5分、
京王井の頭線渋谷駅より徒歩7分

出   演

財津和夫
太田裕美
KAN
沢田知可子

入 場 料

無料

出演者プロフィール

財津和夫 (ボーカリスト)

財津和夫 (ボーカリスト)

1972年にバンド“チューリップ”の一員として「魔法の黄色い靴」でメジャーデビュー。「心の旅」「青春の影」「虹とスニーカーの頃」などのヒット曲を多数発表する。1978年からはバンドと並行してソロの活動を開始し、「WAKE UP」「サボテンの花~ひとつ屋根の下より~」などをヒットさせる。作曲家として楽曲提供の他、アーティスト・プロデュース、ミュージカル音楽制作、俳優などとしても幅広く活躍している。

太田裕美 (ボーカリスト)

太田裕美 (ボーカリスト)

1974年11月1日に「雨だれ/白い季節」でデビュー。1975年12月に3作目のアルバム「心が風邪をひいた日」からシングルカットされた「木綿のハンカチーフ」が大ヒット。2004年から太田、伊勢正三(元かぐや姫)、大野真澄(元ガロ)の3人でユニット「なごみーず」を組み、「アコースティック・ナイト」コンサートを開催している。

KAN (ボーカリスト)

KAN (ボーカリスト)

1987年に「テレビの中に」でデビュー。1990年のシングル「愛は勝つ」が200万枚を超えるセールスを記録した。2002年に音楽留学のためパリに移住し、2004年に帰国。2016年2月、6年ぶり16枚目のオリジナルアルバム「6×9=53」をリリースした。

沢田知可子 (ボーカリスト)

沢田知可子 (ボーカリスト)

1987年「恋人と呼ばせて」でデビュー。1991年「会いたい」が130万枚の大ヒット。2000年「21世紀に残したい泣ける名曲」1位に選ばれる。2003年「生きる力」をテーマにした「GIFT」が厚生労働大臣奨励賞を受賞。
2014年にはデュエットアルバム「Sing With Me-episode1-」を発売するなど、精力的に活動中。

応募方法(必ずお読みください)

  • 小学生未満のお子さまはご応募、ご入場いただけません。
  • 応募方法を問わず、ご応募はおひとりさま1回限りとさせていただきます。また1メールアドレスで複数応募はできません。
  • 当選者の発表は5月23日(月)までに、招待状(座席指定券引換ハガキ)の発送をもって代えさせていただきます。
  • お客さまの個人情報は、本イベントに関するお客さまへの連絡、応募対象の確認および個人を特定しない統計資料の作成のみに使用させていただきます。
  • 当選後、招待日の変更は一切できません。
  • 東急グループ社員および関係者の応募はできません。
●よくあるご質問(Q&A)はこちら
応募締切日:5月9日(月)必着

※5月9日(月)をもちまして、募集は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

【エコキャップ運動について】

身近な環境・社会貢献活動として、当日会場に使用済みペットボトルキャップの回収箱を設置いたします。
キャップのリサイクルによる利益はNPO法人に寄付され、ポリオなどのワクチンとして世界の子供に届けられます。
昨年は30.5人分のポリオワクチンに相当する26,230個のキャップが集まりました。

お問合わせ先
東急お客さまセンター TEL:03-3477-0109
〈営業時間〉月~金8:00~19:00 土日祝9:30~17:30(※年末年始等を除く。)
主催・企画 東急グループ 制作・運営 東急エージェンシー

バックナンバー

TOKYU MUSIC LIVE 2015~2009

前ページに戻る

ページのトップへ戻る